HOME>特集>災害時でも電気が使えるなどのメリットがある

こんな仕組みである

太陽光発電は環境負荷の少ない発電方法として昨今多く普及してきている発電方法で、自宅で電気を作ることができる方法です。このような太陽光発電は、太陽光パネルという部分で電気を発生させた後、蓄電器に電気を貯める仕組みになっています。この方法は太陽が出ている時間に発電をし、いったん貯めた電気を用いて家電を動かすなど、自宅で電気を消費することができる方法として注目されています。こうした方法で発電をすることができれば、福岡でも電気が止まってしまった時などでも電気を使用することができます。

充実している

太陽光発電は福岡でも普及が進んできているエコな発電方法で、クリーンな電気を利用でき、地球環境に優しい点が高い評価を受けています。この方法で発電をすると、自然光を利用して電気が作れますし、発電した電気を蓄電池に貯めることで災害時に利用することができます。災害対策という点でもとても優れた発電が可能になるのは大きなメリットです。太陽光発電では余剰電気を電力会社に買取してもらえるようになっており、買取価格はその時その時で変化しますが、充実したシステムで、安心で安全なエネルギーを利用できるのが利点です。

広告募集中